サラリ医manのブログ

勤務医の節税方法を探しながらケチ臭く生きるブログです

デュピクセント第9週(TARCとESAIスコアの変化率)

最近の洗濯機はなんて静かなんだ…と思っていたら水の元栓が空いていなかったという。

しかし静かですね〜投入口も大きいし

 

さて、9週

今週は汗をかいたわけではないのですが首が痒かったです。

結構仕事が忙しかったのがあるかもしれません。でもロコイドで十分対応可能です。

顔に関してはだいぶん慣れてきましたのでプロトピックの火照りもなくなりました。

 

側頭部・後頭部が少し蒸れていたのですが、床屋に行って刈り込んでいただいたのでOK。

頭皮に関しては美容師さん曰くかなり綺麗になっているそうで、日々の変化だと分からないけどたまに会う人には違いは明確なようですね。

ヒルドイドの泡又はスプレーを頭皮に揉み込んでいるのも功を奏している気がします。

 

4月から6月にかけての税金・学費地獄がやっと終わりそうなので(今年は車検もあった)、余裕を持って治療費を準備できそうです。

 

追伸

デュピクセントは打つ前に室温に戻してから注射をしますので、来院後病院で1h弱待つ必要があります(私は外来の合間なので問題なし)。

新規重症例に提案のうえ発注するも、待つのが嫌&本人なりの理由があるようで来院されなかったとの事。

そのロットは来週の私に回るので問題ありませんが、患者1人とかだと痛すぎますね。

前金制にするなどの方法もあるかとは思いますが、返金要求されると面倒ですし(そもそも今回は医療費タダの方)、確かサノフィには返品できない。

治療費の面から断念する方もいるだろう中、何とも言えない話だなぁ…

ブロガーも刺される時代なのでこれ以上はコメントなし!

 

追記

コメントより頂いたTARC関連のデータ調べたんで載せます。

12〜16週でnadirに近くなって(だから16週なのか?)、52週時点では

プラセボステロイドが-34.04

デュピ&ステロイドが-87.49

ESAIは24週ぐらいでnadirとなって下値安定するようですね

あとしっかりステロイド指導(プラセボ群)してもそれなりに下がる、と(保湿頑張ろう)

やっぱ関連あるのか(サノフィさんが僕のトークに合わせてくれただけかな…恥ずかしい)

http://www.pmda.go.jp/drugs/2018/P20180129001/780069000_23000AMX00015_K104_1.pdf

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(17)31191-1/ppt?code=lancet-site

興味がある英文は頑張って読めるね

(自分の研究テーマに興味がないとは言っていない)